アスリートのための極意とは・・・

スランプ

スランプとは 心身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。しばらくの間技術の進歩が停滞するどころか、今まで出来たことさえも出来なくなり、心も落ち込んでいる状態である。

技術を習得するには、トレーニングが不可欠である。例えば筋力であれば筋力トレーニングをすることで、器官の発達が見込まれる(オーバーロードの原則)。その他の技能においても、理論や実技などのトレーニングを継続して行うことで、成長(成果や成績の向上)するこ論理的、経験的に理解される。ある信号に対して反応する速度も、練習継続することで向上する。

ただし、時間と技能の達成度との相関は右上がりの直線ではない。サボタージュをしているわけではなくとも、技術があるところまで達すると、自身の意識とは無関係に一時的に成長が停滞する現象が発生する。この停滞期間こそがスランプ、プラトー(高原現象)である。または俗に「壁」とも呼ばれる。尚、スランプは上級者(クロウト)の停滞時期であり、初、中級者の場合はプラトーという。

原因およびスランプの性質は複合的である。練習による疲労、同じ内容のトレーニングの継続による身体の慣れなどの身体的要因が主であるが、技能(成果や成績)が停滞していることを自覚することによるモチベーション(動機づけ)の低下、焦燥などの心理的マイナス要因もある。

特に心理面への影響は大きく、技術習得そのものの挫折につながる可能性もあるので注意が必要である。また、身体的に負荷が強すぎるトレーニングを行うことも障害をきたす恐れがある。

 

スランプ脱出の方法とは?

 

 

--> スランプから脱出する

Copyright (C) 2014 スランプ脱出の肝  All Rights Reserved.